sucre*

製菓衛生師☆
いつかパン教室が出来たらいいなぁと思っています*
PROFILE
CATEGORIES
リンナイ・ガスオーブン


コチラの旧型を使用しています☆
パワフルで予熱も早く、焼成したパンやお菓子は美味しさが違います♪
メランジュール・ロボ
パン&ケーキのスライサー
Suipa 楽天店


様々なカップや包材をお取り扱いされていらっしゃいます♪
現在、モニターブロガーをしています。
ランキング
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • * フルーツチーズクリームぱん。 *
    sucre* (10/21)
  • * フルーツチーズクリームぱん。 *
    ほの榎 (10/21)
  • * とまとバジルソースのぱん。 *
    sucre* (10/20)
  • * とまとバジルソースのぱん。 *
    ほの榎 (10/19)
  • * シドニーへ。〜タロンガ動物園〜 *
    sucre* (08/21)
  • * シドニーへ。〜タロンガ動物園〜 *
    ほの榎 (08/20)
  • * Suipa バリアNY ST袋レッド「ローズクッキー」 *
    sucre* (06/09)
  • * Suipa バリアNY ST袋レッド「ローズクッキー」 *
    ほの榎 (06/08)
  • * Suipa PVCクリアケース カレ(大)「ビスコッティ2種類」 *
    sucre* (05/13)
  • * Suipa PVCクリアケース カレ(大)「ビスコッティ2種類」 *
    好張 (05/12)
SEARCH

OTHERS
SPONSORED LINKS


* フランス料理。〜モン・サン・ミシェル〜 *



昨年秋に訪れた
「モン・サン・ミシェル」の続きです

宿泊先は
「モン・サン・ミシェル」から一番近く、
ほぼ全室から修道院が見えるという
ホテルを選びました。

コチラのホテルは、部屋数が少なく、
なかなか予約が取れなかったのですが
たまたま私の誕生日に宿泊できました
(でも、連泊出来なかった・・・)

↓ ホテルのレストランで食べた物たち

お料理のお味は普通だったのですが、記録まで。

( ↓ フォアグラとイチジクムース☆ )

( ↓ 海鮮盛り合わせ☆ )

( ↓ オマール海老☆ )

( ↓ ステーキ☆ )


デザートは、クレームブリュレ。



レストランからも
もちろん「モン・サン・ミシェル」が見えて
景観は良かったです



コチラの旅行時に
初めて「カヌレ」を食べました。
(勉強になります☆)

日本に帰国したら
日本の「カヌレ」と食べ比べてみたいと思います


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります  )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
 

| France | - | - |
* フランスの電車(TGV)。〜タリスの食事〜 *




「モン・サン・ミシェル」の旅の続きです

オランダ(アムステルダム)〜フランス(パリ)は、
コチラのブログで何度も紹介している
「タリス」に乗り(3時間半)、

フランス(モンパルナス)〜フランス(レンヌ)までは
「TGV」(2時間)に乗りました。

モン・サン・ミシェルへ行くには、
レンヌから、さらにバス(1時間半)に乗ります・・・

( ↓ ファーストクラスの車内☆ )


4人がけのボックス席と2人がけのボックス席。

ゆったりした車内です

タリスやユーロスターのように
ファーストクラスでもお食事は出ず、
かわりにバーの車両がありました。

今回、コチラのTGVの車内で
ステキな出会いがありました

その方々は、
席に座っていた私たちに
席の確認のために
たまたま声をかけてこられました。

その時は、ただそれだけの事だと
思っていましたが・・・。

人とのご縁は、本当に不思議。

小さな出会いでも
大切にしようと思いました

( ↓ コチラは、行きのタリスの食事☆ )


私がチョイスした「スイートタイプ」。

今回は、ポフチェス(オランダのミニホットケーキ)が
ついていました

( ↓ 主人チョイスの「チーズタイプ」☆ )


帰りのタリスでは
サンドイッチや私の大好きなアップルパイが出ました


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります  )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
 

| France | - | - |
* レンヌ。〜ブルターニュの都市〜 *



ブルターニュ地方の都市、
「レンヌ」。
(↑は、レンヌ駅)

モン・サン・ミシェルが
とても辺鄙なところにあり、

一日目は
モン・サン・ミシェルが見えるホテルで一泊し、

二日目は
こちらレンヌで一泊しました

( ↓ レンヌの街並み☆ )


木骨組造りの建物が並ぶ
中世の街並みが現在も残っています

( ↓ 旧ブルターニュ高等法院☆ )


1552年に建てられた裁判所。

( ↓ サン・ピエール大聖堂☆ )


17世紀に建てられた教会。

教会内は、とても暗く(今までで訪れた教会で一番暗かったかも)、
重厚かつ神聖な雰囲気でした。

( ↓ サン・ジョージ宮殿☆ )


建物内は入らず(入れず?)、庭園を散歩しました。

( ↓ オペラ☆ )

( ↓ 市庁舎☆ )


ベルサイユ宮殿を手がけたガブリエル氏が
設計されたそう。

夜にはライトアップされてキレイでした


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります  )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
 

| France | - | - |
* 有名なオムレツの店。〜モン・サン・ミシェル〜 *



モン・サン・ミシェルの島内にある
「ラ・メール・プーラール」。

巨大オムレツが有名なお店です

↑オムレツを焼いている
おばさんの看板が目印。

( ↓ オムレツ焼成中☆ )


薪の火で焼き上げています。

卵をシャカシャカ混ぜている音が
軽快でした☆

( ↓ 店内☆ )


来店された方の写真やサインがあるのですが
どなたかさっぱり・・・

有名な方もいらっしゃるのかな。

( ↓ コチラがオムレツ☆ )



お味は、塩味でシンプル。
(私的には、甘みが少し欲しいカナ)

中がふわふわ〜なので
大きくてもお腹がもたれず。
外は、香ばしかったデス。

付け合せは、
私はホタテ、主人はフォアグラをチョイス。

今回の旅行で
実はフォアグラをたくさん食べたのですが、
(体がフォアグラになりそうでした)

コチラのフォアグラが(主人のを少しもらった)
一番美味しかったデス

( ↓ オムレツのお店の本☆ )


宿泊したホテルやレンヌ駅で売っていたので
購入して帰りました。

洋書は眺めているだけでも
楽しいです

( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります  )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
 

| France | - | - |
* フランス世界遺産「モン・サン・ミシェル」。 *



フランスの世界遺産「モン・サン・ミシェル」

コチラは、昨年秋の
私の誕生日に訪れました

サン・マロ湾に浮かぶ
小島に建てられた修道院で

司教の夢の中で、
大天使ミカエルが、
この地に修道院を建てるように告げたのが
発端だそう。

966年から建設が始まり、増改築を繰り返し、
13世紀に現在のカタチに。

昔は、潮の満ち干きが激しく、
多くの巡礼者の方が命を落とされたそうです



14世紀にはイギリスとの100年戦争に入り、
要塞になったり、
フランス革命後、牢獄となったり。

( ↓ 吊り橋☆ )


吊り橋手前の入り口には
戦争の名残として
イギリス軍が残した大砲が残っていました。

( ↓ 吊り橋を通り抜けると… )



お土産屋さんが、ひしめき合って
情緒のある雰囲気です

「モン・サン・ミシェル」の外観は
写真などでよく見ますが
内部は、どうなってるのだろう?と思っていました。



小道に沿って、坂や階段を上がって行きます。

( ↓ 修道院☆ )

( ↓ 大天使ミカエルの像☆ )


上部の三つ窓の部分は
ガラスが入っていないようで、

モン・サン・ミシェルの手前にある
羊の牧場あたりから見ると、青い空が透けて見えました。

( ↓ 教会☆ )


1000〜1010年の間に建設された
修道院付属の教会。

( ↓ 回廊☆ )

( ↓ 車輪☆ )


囚人用の食物を上階へ運搬するために設置されたそうです。

( ↓ 騎士の間☆ )


多くの文豪が
モン・サン・ミシェルの景観を「驚異」と残したそう。

( ↓ モン・サン・ミシェルの影☆ )


見学ルートが
一方通行で決まっているのですが

本当に素晴らしい所で
一度では足りず、二度見てまわりました


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります  )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
 

| France | - | - |
* ディズニーランド、パリ。 *



「ディズニーランド・パリ」

ディズニーランドに訪れるのは
東京、カリフォルニアに続き、3ヶ所目になります。

( ↓ 眠れる森の美女のお城☆ )


ピンク色のお城が可愛らしい〜

( ↓ ハロウィンのデコレーション☆ )



パーク内は、可愛らしいカボチャたちで
デコレーションされていました

( ↓ ショーの最中のミニーちゃん☆ )



ミニーちゃん、可愛かったです

( ↓ アリスのトランプ兵隊☆ )


ディズニーランド・パリの
スペースマウンテンは、パリでは一回転しました。。。
(絶叫系が年齢的にキツクなってきました…)

国によって
微妙にアトラクションや雰囲気が
違っていて面白いです♪

TDLより、ファミリー向けのアトラクションが多く、
小さなお子ちゃまを連れた家族が多い印象がありました。

ドレスを着ている小さな女の子もたくさんいて
可愛らしかったです
(コチラの女の子は、ホント、お人形さんみたい♪)

ディズニーランドの隣に
ディズニースタジオというテーマパークがあるのですが
なんと、途中でデジカメのバッテリー切れ。
(急遽、使い捨てカメラを購入しました)

ディズニースタジオは
ユニバーサルスタジオの様な感じでしょうか〜。

1DAY2PARKのチケットを購入しましたが
時間が足りないくらいでした


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります  )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
 

| France | - | - |
* エッフェル塔へ。 *



「エッフェル塔」。

夏に訪れた時は、
長蛇の列で、上るのを諦めたのですが、
今回、競馬観戦の後に再び訪れました。

やっぱり長蛇の列だったのですが、
夏より幾分マシだったので、列んで上がりました

( ↓ エッフェル塔からの風景☆ )

( ↓ 下から眺めたところ☆ )


エッフェル塔内で
エレベーターの乗り換えがあるのですが
また、長蛇の列。。。
(上がるのにも下りるのにも列びました〜)

エッフェル塔って
意外に人気があるのですね〜

( ↓ エッフェル塔内☆ )


日本まで約9700km。

日本へ想いを寄せて…。

日の丸を見ると
やっぱりどこか嬉しい。

( ↓ 一番上からの景色☆ )


徐々に日が暮れて…

パリの街が
オモチャの世界のようです。

( ↓ ライトアップ☆ )


眩しいくらいに
輝いていました


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります  )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
 

| France | - | - |
* もちチーズべーぐる。〜電車(タリス)〜 *


「もちチーズベーグル」

お粉は、スペインで購入したお粉。

お餅とチーズの組み合わせは、
昨年、ブログのお友達の所で拝見したもの。
今回で作るのが二度目になります
(オランダでは初めて☆)

生地の中に
角切りのお餅を巻き込んでいますが、

翌朝に食べても
お餅がカチカチにならないのが不思議。

お餅は
オランダの日本食材店で購入した
「サトウの切り餅」。

年始用として、早々と購入したのに
お餅が懐かしくて、開封してしまった

日本食材は
コチラで購入しようと思うと
高級品。

でも、当然、逆のパターンもあります。

パリの百貨店で
エシレバターを見かけたのですが、

日本では一つ250g、2000円くらいのところ
パリでは、有塩、無塩ともに3ユーロ弱(350円くらい)で
売っていました

輸送費やtaxがたくさんかかっていますネ。

〜パリの続きです〜

( ↓ またタリス☆ )



オランダのアムステルダムから
乗り換えなしでパリまで行けるので
今回も利用しました。

( ↓ 車内のお食事☆ )



私は、スイートタイプをチョイス(上)。
主人は、ソルティータイプ(下)。

帰りの電車では
サンドイッチやアップルパイが出ました。

アップルパイがとても美味しかったです


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります  )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
 

| France | - | - |
* パリの競馬。〜凱旋門賞〜 *



10月上旬、パリへ。

世界最高峰の芝レースと言われる
ロンシャン競馬場へ「凱旋門賞」を観に行ってきました

「競馬」というと
日本では、なんとなく
ギャンブルのイメージが強いのですが
貴族文化のヨーロッパでは「社交の場」。

羽の付いた華やかな帽子を被った女性や
正装された方々がいらっしゃいました
(日本の方だと思うのですが、着物を着ていらした方も)

( ↓ 馬の銅像の広場では演奏会☆ )

( ↓ 競馬場☆ )

( ↓ ゴール地点☆ )


京都競馬場へも行ったことがありますが
競馬場自体の雰囲気は、似たような感じでしょうか〜

( ↓ 大画面ビジョン☆ )



日本の馬が
世界最高峰と言われるレースに
二頭も出る事は(二頭出るのは初めてとか)
誇らしい事かもしれませんネ

( ↓ いざレース☆ )


「武さん、どこ!?どこ!?」

…なんて言っていると
あっという間に馬たちは過ぎ去り、、、



蛯名騎手の馬が
わずかな差で二着。

とても惜しいレースでした


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります  )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
 

| France | - | - |
* 自家製酵母しおバターぱん。〜電車(タリス)〜 *



自家製酵母(ブラックベリー酵母)で
「塩バタートッピングパン」。

お粉は、ドイツ産のものを使用。

お塩とバターをのせて焼成するのですが
焼成中に、岩塩がほとんど落ちてしまったみたいデス
(塩味のパンチがあまりなかった…)

ブラックベリー酵母の元種は
フランボワーズ酵母の元種より
香りが少し劣りますが、

それでも
どこかフルーティーさが残っていました

( ↓ 焼きたて〜♪ )


自家製酵母のパンは
焼きたてはモッチリしていて美味しい

ただ、翌日になるとズッシリするので
私的には、温めなおさないと、美味しくない気がします…


〜パリ旅行の番外編〜

オランダ〜パリ間で乗ったTHALYS(タリス)。

( ↓ THALYSが入ってきたところ☆ )


早朝のアムステルダム駅。

先頭のボディーの色は、ワインレッド色。
(暗くて変な色ですが)

全席指定席の電車です。



途中のベルギーの駅で
車両がドッキングしたみたいで

パリに着いたときには
ものすごく長い電車になっていました

( ↓ お食事☆ )


ファーストクラスだけお食事が出るようです。

二種類あり、
私は↑のスイートタイプをチョイス。
(主人は、チーズの盛り合わせタイプをチョイス)
帰りの車内では、サンドイッチやケークサレが出ました。

ネットも無料で出来ましたが、セカンドクラスは有料だそう。

ヨーロッパには、いろいろな鉄道が走っているので
機会があれば利用したいです


( ↓ こちらのレシピ本から作りました☆ )
 

( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります  )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
 

| France | - | - |
<new | top | old>