sucre*

製菓衛生師☆
いつかパン教室が出来たらいいなぁと思っています*
PROFILE
CATEGORIES
リンナイ・ガスオーブン


コチラの旧型を使用しています☆
パワフルで予熱も早く、焼成したパンやお菓子は美味しさが違います♪
メランジュール・ロボ
パン&ケーキのスライサー
Suipa 楽天店


様々なカップや包材をお取り扱いされていらっしゃいます♪
ランキング
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
SEARCH

OTHERS
SPONSORED LINKS


* スペインへ。〜食事&お土産〜 *


スペインのバルセロナの続きです。
(長々と続きましたが、やっと最後の記事です)

↑は「世界遺産カサミラ」。

こちらの2Fにカフェが併設されていたので
ランチをとりました。

( ↓ 店内☆ )



天井が波打った感じでした。



世界遺産内でお食事が出来るのって
なんだか贅沢でした☆

( ↓ シーフードのパエリア☆ )



百貨店のフードコートで☆

ノーマルタイプと、イカ墨タイプ。

美味しかったデス☆

( ↓ タラゴナのスーパーのパエリア☆ )


パエリア鍋のようなカタチの容器に入っていたので、
可愛くて、購入しました☆

ホテルの部屋には、キッチンが付いていたので
電子レンジでチン☆

以前、スペインのバレンシア(パエリアで有名な所)を訪れた時に
シーフードよりも、カタツムリ&ウサギのお肉が
一般的という事を思い出して、材料が気になり、翻訳にかけたら、
それらが入っていなかったので安心しました〜

( ↓ 我が家のお土産☆ )


バレンシアの時にも購入しましたが、
地中海のフレーク状のお塩と、
初めて購入する、マカデミアナッツのチョコレート。

チョコレートは
マカデミアナッツにチョコがコーティングしてあるのですが
チョコレート部分に塩味が効いていて、美味しかったデス☆


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへにほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

 

 

| Spain | comments(0) | - |
* スペインへ。〜世界遺産バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院〜 *


スペインのバルセロナの続きです。

こうやって画像をまとめていると、
バルセロナの都市だけで、どれだけ世界遺産があるの?
って思うくらい見どころ満載です。

↑は「世界遺産 サン・パウ病院」

「カタルーニャ音楽堂」とセットで世界遺産になっているようです。

どちらも「モデルニスモ」という芸術様式で
「リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー」という方が
設計されているそう。

こちらの病院は、2009年まで使われ、
その後、老朽化のため閉鎖されたそうです。

( ↓ 病院敷地内の地下通路☆ )


天井がタイル貼りになっているのが
印象的でした。

( ↓ 病院敷地内☆ )



ゴージャスで似たような建物がたくさんありました。

そのうち、見学可能な建物は4カ所のみ。
(残念ながら、手術棟がイベントのためクローズになっていました)

( ↓ 見学出来なかった、手術棟☆ )



音楽イベントの準備がされていました〜

( ↓ サン・ラファエル棟内☆ )


ベッドが並んでいると、病院らしいですネ。

天井が高いし、広くて落ち着かない・・・かしら?

( ↓ 画像一番上の管理事務棟内☆ )


ピンク色を基調にした、可愛らしい雰囲気です。

( ↓ 天井☆ )


ステンドグラスがキレイ☆

( ↓ 廊下☆ )


どこもゴージャスで、ため息がでるような病院でした☆

こちらの病院は、地図で見ると、
サグラダ・ファミリアから、斜めの道路一直線で繋がっているんです。
(実際に歩いてみました)

病院入口を南北に設置し、
海風や太陽光を取り入れる設計になっているそうです。

( ↓ 世界遺産 カタルーニャ音楽堂☆ )


こちらも外観からして、ゴージャス☆

( ↓ 1Fのカフェ☆ )


天井や柱に、薔薇の飾りが付いています。

( ↓ バルコニー☆ )


柱それぞれが、お花や植物をモチーフにした、
異なったタイルのデザインが施されています。

( ↓ バルコニーの内側☆ )



窓には、お花をモチーフにしたステンドグラス☆

( ↓ 館内☆ )

( ↓ 音楽ホール☆ )



大きな、雫のようなステンドグラスが印象的な
豪華なホール☆

実際に、パイプオルガンの演奏(多分、自動演奏)を
聴かせていただきましたが、
ホール自体が大きくないので、音の響きが重厚でした。

( ↓ 天井細部☆ )


チョコレートのような薔薇がたくさん!

守護神が、ドラゴンから守った王女に贈った花が
薔薇だったそう。

( ↓ ステンドグラス☆ )

( ↓ アップ☆ )


よく見ると、模様ではなく、
人の顔が描かれているんです。

なんだかすごいですネ。


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへにほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

 

 

| Spain | comments(0) | - |
* スペインへ。〜世界遺産 ガウディの作品群 その2〜 *



スペインのバルセロナの続きです。

↑は「カサ・ミラ」

世界遺産となっている
アントニ・ガウディの作品群の一つです。

外壁が流線形になっている賃貸住宅で
「石切場(ラ・ぺドレラ)」とも
呼ばれているそうです。

( ↓ 吹き抜けにある階段☆ )

( ↓ 吹き抜け☆下から上を見たところ☆ )


現在も、実際に四世帯が住んでいらっしゃるそうです。

世界遺産に住んでいる、というのが
なんだか夢のような感じですネ。

( ↓ 住居部分☆ )




住居スペースは、
ワンフロアだけ、見学として開放されていました。

( ↓ 屋根裏の回廊☆ )


模型などが飾ってありました。

当時は、洗濯物を干したり、温度調節をするスペースだったそう。

( ↓ 屋上から下を見たところ☆ )

( ↓ 屋上☆ )


いろいろなモニュメントやオブジェのような物が
造られていました。

煙突や換気口だそうです。

( ↓ モニュメントの向こう側に、サグラダファミリア☆ )


ガウディの作品繋がりで、
撮影スポットになっているそうです。
(実際、列になっていたので、ならんで撮影しました)

( ↓ 世界遺産 グエル邸☆ )


こちらも世界遺産となっている
アントニ・ガウディの作品群の一つです。

外観から、重厚さを感じますネ。

( ↓ 玄関正面の階段☆ )

( ↓ 階段の上から玄関を見たところ☆ )


大きな扉が二つもあります。


( ↓ サロンの吹き抜け☆ )


サロンには小さな礼拝堂がありました。



( ↓ 屋上☆ )


これらも煙突等だそう。

( ↓ 風見鶏☆ )


鶏ではなく、コウモリになっています☆
(カタチがリアルですネ)


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへにほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

 

| Spain | comments(0) | - |
* スペインへ。〜世界遺産 ガウディの作品群 その1〜 *



スペインのバルセロナの続きです。

↑は「カサ・バトリョ」

世界遺産となっている
アントニ・ガウディの作品群の一つです。



石柱が骨に見える事から
「骨の家」とも呼ばれているそう。

( ↓ ミルククラウン☆ )


水滴の跳ね返りを模した天井。

( ↓ キノコのカタチの暖炉☆ )

( ↓ 吹き抜け☆ )


タイルの色は全て同じ色ではなく、
高さに応じて色を変えているそう。

( ↓ 屋根☆ )


屋上にも上がることが出来、
間近で屋根を見る事も出来ます。

ドラゴンの背中のように見えるそうですが、、、
どうでしょう?

遊び心のある、
ユニークな家だなぁって思いました。

( ↓ サグラダ・ファミリア 聖家族教会☆ )


バルセロナといえば、こちらは外せませんネ。

こちらも世界遺産となっている
ガウディの作品群の一つです。



( ↓ ステンドグラス☆ )



美しいです。

生誕のファサード(塔へ上がるエレベーター)のチケットを
事前に予約していたのですが、
前日の夜に雨が降ったらしく、
この日は全て中止となりました。残念。

また機会があれば、訪れたいなぁって思いました。
(次に訪れる時は、完成しているといいけど)

( ↓ 地下の礼拝堂☆ )


アントニ・ガウディのお墓がありました。

生誕のファサードと、こちらの礼拝堂が
世界遺産になっているそうです。

こちらの礼拝堂は
ミサをしている時の、さらに限られた時間にしか
こちらの礼拝堂には入ることが出来ないようで、
外で少し待つことになりましたが
入ることが出来て良かったです。


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへにほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

 

 

| Spain | comments(0) | - |
* スペインへ。〜バルセロナ〜 *



スペインの続きです。

バルセロナの空港から電車で30分ほどの距離に
バルセロナの中心街があります。

時間が足りないくらい、見どころ満載でした。

↑は「凱旋門」。

1888年のバルセロナの万博の入場門として
作られたそう。

高さは約30m。

パリの凱旋門のように
屋上へあがることは出来ませんでした。

( ↓ サンタエウラリア大聖堂☆ )




中庭があったり、礼拝堂がたくさんあったりして
とても重厚な大聖堂でした。

( ↓ サンタマリアダルマール教会☆ )




14世紀に船乗りによって造られた教会で
別名「海のカテドラル」というそうです。

航海前の安全祈願をされていたそう。

( ↓ ピカソ美術館☆ )


スペインのアンダルシアで生まれた
ピカソの美術館。

バルセロナにも8年間住んでいたそう。
(こちらの建物に住んでいたわけではありませんが)

同じような構図の絵画がたくさんあったのが
印象的でした。

間近で、じっくりと絵画鑑賞することが出来て
贅沢な時間だなぁって思いました。


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへにほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

 

| Spain | comments(0) | - |
* スペインへ。〜世界遺産 タラゴナ考古遺跡群〜 *


「世界遺産 タラゴナの考古遺跡群」

タラゴナには、
先日UPした、水道橋や円形競技場の他、
街中に遺跡が点在しています。

↑は「考古学の道」

紀元前3世紀に築かれた城壁に沿って
遊歩道になっています。

城壁内は、教会などがある旧市街。

( ↓ 入口☆ )


朝一番に訪れたので、私たち夫婦だけでした。



朝の散歩。

空気がカラリとしていて気持ち良かったです。



大砲が残っていました。

( ↓ サント・アントー二の門☆ )


門の内側が、旧市街。

位置的には、考古学の道をぐるっと周って
反対側になります。

( ↓ プレトリ☆ )


法務官の官邸だそう。

建物内は、現在、博物館でした。

屋上からの眺めが良かったです。

( ↓ お隣に位置している、競技場「シルクローマ」☆ )


( ↓ 地下通路☆ )


奥に何があるのかと思ったら、行き止まりでした。



こちらの競技場では
戦闘用馬車の競争が行われていたそうです。

( ↓ ローマ遺跡☆ )



こちらは、タラゴナ市場近くの街中にありました。

遺跡の敷地内が車道で分断されていて、
歩道橋のような物で渡ったのが印象的でした。

( ↓ お墓・・・ )


こちらも世界遺産の遺跡の対象になっているようです。

その他、旧市街の中にも
遺跡がモニュメントのようにあったり、
中には、倒壊しそうな遺跡があったり。

街の規模的には広くないので、
坂がたくさんありますが、歩いて観光出来る距離でした。


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへにほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

 
| Spain | comments(0) | - |
* スペインへ。〜世界遺産 円形競技場〜 *


スペインの世界遺産「円形競技場」

世界遺産になっているタラゴナの考古遺跡群の一つです。



地中海のすぐ傍にある、ローマ時代の遺跡ですが
画像の中に写っている人の大きさからみても
規模がかなり大きいデス。



工事現場のような階段で、
実際に、下に降りる事が出来ます。




グラウンドには
白い砂利みたいな物が敷いてあったのですが、
太陽の照り返しで、眩しいし、暑かったデス。


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへにほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

 

 

| Spain | comments(0) | - |
* スペインへ。〜世界遺産 ラス・ファレーラス水道橋〜 *



スペインの世界遺産「ラス・ファレーラス水道橋」

世界遺産になっているタラゴナの考古遺跡群の一つで、
別名「悪魔の橋」と呼ばれているそうです。



タラゴナの市街地から
バスで訪れる事が出来るのですが、
こちらの橋の最寄りのバス停が、
降車、乗車ともに、高速道路?のような所なのです。

バスの乗車中では、バス停のアナウンスがなかったので、
「そろそろ(降りる時)かなー?」と
主人とキョロキョロしていたら、
現地の方が、代わりに降車のボタンを押して下さって、
「ここで降りるのよー!」的な感じで、教えて下さいました。

( ↓ 橋の上☆ )


高さ27m、長さ217m。

一世紀に築かれた橋だそう。

なんと!この橋、歩いて渡れるんです。

( ↓ 橋からの左右の景色☆ )



緑ばかりですネ。

こんな風に、写真を撮影していると、
後ろから「早く行ってくれー」という主人の声。

高い所がコワイらしいデス。



こんな風に美しい姿のまま残っていて
素晴らしいなぁって思いました。


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへにほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

 

| Spain | comments(0) | - |
* スペインへ。〜タラゴナ〜 *


「スペインへ」

主人の出張で、
8年ぶり2度目のスペインへ行っていました。

治安があまりよくない事や
父の事もあったので、あまり気乗りしなかったのですが、
訪れてみると、行って良かったなぁ、と思います。

( ↓ エールフランス航空☆ )


バルセロナって、大きな都市なのに、
日本から直行便がないんですねぇ。

なので、シャルルドゴール空港で
乗り継いで行きました。

フランスでは気温が13度で、寒さに驚きました。
(空港内には、トレンチコートを着た人や
マフラーをしていらっしゃる方も)

( ↓ スペイン国鉄レンフェ☆ )


空港〜バルセロサンツ〜タラゴナは、
AVE(新幹線のような物)を利用しても時間的に変わりないので
普通電車(快速)を利用しました。

地中海をボーっと眺めながら、タラゴナ駅に到着☆

( ↓ タラゴナ駅☆ )


タラゴナは、バルセロナから約100km南下した、
ローマ帝国時代の遺跡が多く残る、地中海沿いの街です。

( ↓ 人間の塔☆ )


こういうお祭りがあるそうです。

( ↓ 地中海のバルコニーにある像☆ )


地中海の眺めが良かったです。(一番上の画像)

( ↓ タラゴナ市場☆ )


こちらの市場では、品揃えが多く、
ホテルの部屋がキッチンや電子レンジ付きだった事もあり、
食事に助かりました。

( ↓ 港のテナント☆ )


旧市街にある考古学博物館が改装中で
こちらでモザイクタイル画などが展示されていました。

( ↓ モザイクタイルのメデューサの首☆ )


細かくて、見入ってしまいました。

( ↓ 大聖堂☆ )



旧市街にある、大聖堂。



今頃、、、初詣となりました。
(2年くらい前から、我が家では、お正月&三が日にお参りせず、
国・宗教を問わず、崇める場を訪れた時を初詣にしています)

( ↓ 回廊と中庭☆ )



美しかったです。

( ↓ 市庁舎☆ )

( ↓ 旧市街の街並み☆ )




壁に絵が描かれていたりして、
趣のある街並みです☆


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへにほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

 
| Spain | comments(0) | - |
* ドライトマトふぉかっちゃ。〜スペインのレストラン〜 *



「ドライトマトのフォカッチャ」

お粉は、ドイツ産のものを使用。

オランダに来た当初に
ドライトマトを購入していたのですが
使用しないまま、いました。

先日、賞味期限が気になって
やっと開封しました。

生地には、ドライトマトの他、
バジル&パセリを混ぜ込んでいます。

トップには、粉チーズ。

指で穴を開ける作業が楽しかったです


〜スペインのレストラン〜

スペインで、ちょっと困った事と言えば
お食事問題。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが
スペインでは、ランチがPM14:00〜、
ディナーがPM21:00〜が当たり前。

ガイドブックによると、
スペインでは、なんと一日に5食も食べるそうです
(ほとんどが軽食で、ランチがメインとのこと)

( ↓ 紹介してもらったレストラン☆ )



バレンシアは「パエリア」の発祥の地。

ネットで評判の良いお店へ食べに行った時、
お店のオーナーが
「パエリア」が美味しいお店を紹介して下さいました
(オーナーは日系三世で、日本人の私たちにとても親切にして下さいました)

( ↓ 前菜の後に出てきた、タコサラダ☆ )


タコが、すごーく美味しかったです!

( ↓ 左:オリーブのパン、右:シンプルなハードパン☆ )


パンもオリーブオイルも
すごく美味しかった!

( ↓ シーフードのパエリア☆ )


本場のパエリア…というのは
実は、ウサギのお肉と食用カタツムリだそう

どうしてもシーフードが食べたかったので、
(ウサギとカタツムリが食べたくなかったからかも・笑)

予約時に、シェフに直接お願いして、
メニューにはない「シーフードのパエリア」を
特別に作っていただきました。

↑は、パエリア鍋で出来たものを
席まで持ってきて見せて下さった後、
お皿に盛りつけてくださいました。

( ↓ カトラリー☆ )


パエリアを食べる時に出てきました☆

フォークが
フォークとスプーンが一緒になったような変なカタチ。

その後、百貨店で同じものを発見したので
パエリア鍋と一緒に、オランダに連れて帰りました


( ↓ クリックしていただけると更新の励みになります  )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
 

| Spain | - | - |
<new | top | old>